バーナード・リーチ

香港生まれで青年時代を日本で過ごします。イギリス戻り再び日本に戻ります。渉外の友となる柳宗悦をはじめとした白樺派の青年たちと交友を持ち、ウイリアムモリスのアーツクラフト運動の議論をします。リーチが陶芸を始めたのは日本で、六代尾形乾山が師匠でした。その後、濱田庄司と友人になります。(てしごとクラブ)

《筒描皿ペリカン》1913年 出典Excite Japan

《鉄砂抜絵組合せ陶板》1946年 出典 Excite Japan

64回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示