FUKUROの説明

FUKUROは汎用ツールです。様々な用途に活用することができます。

てしごとクラブ・両国にぎわいマップもFUKUROで構築されています。

てしごとクラブ

両国にぎわいマップ

Fig.1

情報パッケージは様々なエレメントの組み合わせによる情報の最小単位です。

情報パッケージ同士がリンクを構成することによって新たな意味が生じます。

*)FUKUROはリコーのTHETA画像に対応しております。

Fig.2

富士山も情報パッケージのリンクが変わると様々な意味を構成します。

リンクが意味付けのコンテクストを形成するのです。

ひとつの情報パッケージは、単にそのモノを表現しているだけです。

情報パッケージ同士を関連付けることによって、情報の依存関係がわかります。関連情報は全体の体系を表現しているのです。

しかしながら情報パッケージは他のどの情報パッケージと関連しているのか知ることは出来ません。

情報パッケージ間の関連はデザインする必要があります。

情報関連の適切な設計がFUKURO活用のキモです。これを情報デザインと呼ぶことにします。

Fig.3

情報パッケージの内容・関連は繰り返し試行しながら情報デザインする必要があります。

適当なリファレンスを参考にすることは有益な手段です。

FUKUROを活用して、情報デザインをすることによって様々な分野の知識表現ができるようになります。

◯ 観光分野

◯ ハイパーローカルメディア

◯ レシピ集

◯ 図鑑

◯  情報ダッシュボードなど

115回の閲覧0件のコメント